外国人と住宅ローン

永住権とは

永住権とは、正確には「永住者」という在留資格のことを指します。

在留資格とは外国人が日本に上陸する際に認められる活動の分類のようなもので、最初は「留学」や「就労」など特定の目的や活動の在留資格が与えられます。その後、ある程度日本に長く住むうちに一定の条件をクリアするようになれば、「永住者」という在留資格に変わることを法務大臣から許可されるのです。

永住権というと何か主張ができる権利のように受け止められますが、便宜上そう呼んでいるだけで、あくまで許可された資格です。何かあれば剥奪される可能性もあります。

「永住者」には在留期間や活動内容についての制限が一切ありません。一度取得するとその後はビザの延長手続きが不要になり、日本にいる間の管理が大幅に緩くなります。就労についての制限もなくなるので職業の選択も自由になります。(ただし外国人登録、再入国許可制度、退去強制制度は残ります。)

補足ですが、「帰化」とは外国人が(原則として)その国の国籍を捨てて日本国籍を取得することで、外国人の「永住者」在留資格とは異なります。住宅ローンにおいては、帰化する必要はありません。

住宅ローンを考えている人にとってはぜひ欲しい在留資格ですが、取得するにはそれなりの手続きを踏む必要があります。国内活動の制限がなくなるということで、審査も慎重になり時間も相当かかります。そのため、一般の在留資格の許可手続きとは申請窓口が異なり、独自の規定が設けられています。永住許可の申請を考えている方は、まず下記の要件に当てはまるかどうかを確認してください。


永住許可の要件は以下の通りです。


1.日本に長く住んでいる外国籍の人が日本永住を希望する場合(一般原則)

・引き続き10年以上本邦に在留していること。
ただし「我が国への貢献」が認められれば5年以上の在留実績により永住許可が与えられる。


2.日本人、永住者、特別永住者の外国籍の配偶者や子供が日本永住を希望する場合

<日本人・永住者・特別永住者の配偶者>
・婚姻後3年以上日本に在留していること。
・海外で婚姻・同居歴のある場合は、婚姻後3年を経過し、かつ日本で1年以上在留していること。

<日本人・永住者・特別永住者の実子または特別養子>
・引き続き1年以上日本に在留していること。

<難民認定を受けている者>(インドシナ定住難民含む)
・引き続き5年以上日本に在留していること

<定住者の在留資格を有する者>
・定住許可後、引き続き5年以上日本に在留していること

関連記事